日記

■2019年03月31日(日)  ボランティア
  人の世に 善意で動く 舟の在り
 昨夜『青淵公園を綺麗にする会・理事会』を開き、私が新会長になってしまった。
 久保田会長から辞任の申し入れを受けており、再三引き留めてここまで来たがこれ以上は無理となったもので、致し方ない帰結かも知れない。
 15年以上に及ぶボランティアでもう私も辞めたかったくらいだが、自分が辞めたらこの会は終わってしまう可能性が強く辞められなかった。けどマ〜思い過ごしかも知れない。
 いずれにしろ、我々ボランティアが居なくなって市の管理だけでは綺麗になっている筈もなく、始めたからには相当の状態まで頑張らねばならないが、参加者を増やすには有償ボランティアに移行していくしか無いとも考える。

■2019年03月30日(土)  電話
grp0330095802.png 638×993 1657K  審査会 不起訴不当も また不起訴
 県議選の告示を迎えても、清水修氏や加藤裕康氏が当選するようなら尾も白いが、逆立ちしても難しいだろうから面白みはないna。
 昨日、ある女性から「あと二日で定年を迎えますが大変お世話になりまして有難う御座いました。特に大雪の降った時のご親切は忘れられません。本来なら電話でなくお伺いしてご挨拶しなければならないのですが」と電話を戴いたが、恩に感じて貰っていたのは有り難い限り。
 ところで、大阪の検察審査会は9ヶ月も掛けて佐川前長官の不起訴不当としたが、今更ながら寝惚けた連中で『起訴相当』では無い事から強制起訴は消滅し、国民は重ねて嘆きの淵に追いやられるばかりda。

■2019年03月29日(金)  貧者の見識
IMG_5768.jpg 2304×1728 953K  咲き初めの 桜惑わす 冷気かな  
 昨日は、午後1時から渋沢栄一記念館で富岡製糸場創設に携わった深谷3偉人のレリーフ除幕式が行われた。
 記念館資料室前の左壁面に据えられたレリーフは、石坂産業株式会社会長の寄付により作成されたが、作者にもよろうが通常は1面百万円との事で、これが入札により割安で設置出来たとの事。
 高額な物を据えては盗難が気になるところだが滅多には取り外せないらしく、盗んでも価値が分からないものかも知れないので余計なお世話か?
 記念館としては一点でも多くの『観るべきモノ』を増やす意義はあろうが、学識貧者としては費用と効果の点でイマイチ???かna。

■2019年03月28日(木)   満開?
  母乗せた 桜巡りの 懐かしく
 諏訪神社の春祭りで、小学校へ入学する児童の安全祈願祭を4月10日に行うが、その招待状を昨日作成した。
 昨日は仏滅なので大安の今日配る予定だが、該当者で自治会へ加入していない世帯が有るけれど、細かいことは言わずに招待してお祝いも差し上げる事としたので、該当者には素直に喜んで貰いたいと思うが『参加辞退』では身も蓋もないので甘えて戴きたいものだ。
 なお、昨年の八基小新入生は全部で15名だったから、本年血洗島で10名の新入生は赤飯ものだけど、うち1名は小学校から別の学校へ通うとの事で時代の移ろいを実感させられる。
 ところで、NHKは政府の御用報道に堕して久しいが、籾井前会長が退任して2年経つのにその酷さが増しているらしく、いよいよ持って受信料支払い拒否に向かわねばならないかna?

■2019年03月27日(水)  古希近し
  誕生日 嬉しき事の ただ一つ
 さくらの日の今日67歳となったが嬉しさは既に無く、ヘタリ行く肉体を如何に騙して使うかが今後の課題かna〜。
 さて、昨夜は『血洗島氏子総代・世話番』の合同会議を行なって、旧来の事業説明を受けたが、少しずつでも変革を狙って行こうと考える。
 旧の役員の前では黙っていたけど事業の改廃は当然のことで、同じ事をひたすら同じに継承するのは愚の骨頂だと思うけど、世の中は前年踏襲という人たちも多いから大波を立てずに進めよう。

■2019年03月26日(火)  忖度様伝染す?
  専用機 入れ替え増ゆる 外遊か
  新元号 委嘱の前に 決まってる
 安倍心臓様が政府専用機を買い替えて、早速外交強化に外遊されるらしいが、何がしか成果が見えているのか平民には理解出来ずいる。
 また、太鼓持ちを務めるトランプ大魔王閣下におかれては司法追求を免れるような状況で、米国にも大きな忖度様が働いてるようだが、これでいよいよ安倍閣下がヨイショを増幅させて不利な貿易を鵜呑みにしないかと心配だ。
 しかし日本の土木技術は素晴らしく、辺野古の軟弱海底を大改造するとの事だが、莫大な予算と年月を飛翔するらしい。 
 何のためにやるのか訳が分からなくなって来ているような昨今に見えるが、偏見だろうか?

■2019年03月25日(月)  仕方ない?
  強風に 送る彼岸の 刹那さよ
 書道教室へ通う生徒で、筆の持ち方や姿勢を直されても一向に直そうとしない子が居る。
 ほんの少数で悪意は無さそうだから余計?だが、何の為に塾へ通うのか理解してないのだろう。
 従来は言わずに居たが、昨日の帰り際「上手になる為に塾へ通っているのに、先生から指導を受けても全然治そうとしない人が居ます。先ずは素直に先生の話を聴くことが大事で、聞かないのであれば塾へ来る必要はありませんからよく考えて下さい。」と言っておいたが、これで辞める子が出ても仕方がない。
 箸の持ち方を直せない子も居てそれは各家庭の自由で構わないが、箸を正常に持てない子は概ね筆も正常にはならないので、日本国の親たる者は心して欲しいけども昨今では六里ka。
 ところで桜田五輪相は地元の集会で「東日本の震災時に国道や高速道路は無事だったから良かった」と言ったらしいが、羨ましいくらいのお馬鹿でアンポンタンには良くお似合いだ。

■2019年03月24日(日)  彼岸明け
  彼岸明け 墓地には草の 待ちをりし
 昨夜は血洗島自治会に於ける各種団体の会計監査を行なった。
 自治会長を経た翌々年から2カ年勤めるため昨年に続いての登板で、夜7時半からというのは半端にキツい時間だが、案の定終えたのは9時を回ってからとなってしまった。
 ともあれ、記載に若干の異論を挟む余地を持たせたmono以外には、各団体とも丁寧に仕分けされており仕切り直しに至る団体は皆無で、血洗島自治会の質の高さを再認識する状態だった。
 最後の指摘として「昨年提案したように、老人会はもっと予算を掛けて会員が喜ぶ手厚い事業を実施すべきです」としたが、果たして改善されるものだろうka?
 ところで、アンポンタンは追加オスペレイを買わされるらしいが、戦闘機やら高価な軍需品を買わされた上にまだお買い物の追加は何とも情け無い。

■2019年03月23日(土)  花冷え〜
  花咲くや タイツの出番 またも来て
 予報通りの寒さに、一度は引っ込めたタイツをまたもや履き出す朝となったが 寒いぞuu。
 さて、昨日紹介した『利根川と深谷ねぎ』に尾高藍香翁が折角の富岡製糸場長を辞した経緯が記されており、興味深いので引き続き紹介したい。
 藍香翁は榮一翁より10歳年長で、明治5年に完成した富岡製糸場の初代場長を務めたが僅か4年で辞している。
 理由を手短に書くと、深谷の五明紋十郎という人が長野の風穴で蚕種を貯蔵して一定の時期を遅らせる事を発見した。その後それが尾高氏に伝えられ秋蚕の考案となり、翌年これの官許を願い出たが許可されなかった。
 これを阻んだのは『蚕種製造組合条例』であり、これは大審院で係争中の明治11年5月4日に当条例が廃止され事件は解決した。がしかし、政府の官吏である自分が政府の方針に反対した以上官に留まるべきでは無いとして依願退職したもので、こういう潔さは昨今なかなか見られない。
 榮一翁を含め、こういう人物を生んだ八基にあって我が身の粗末を嘆くばかりda。

■2019年03月22日(金)  Hummm
  歳の壁 イチローさえも 超えられず
 『利根川と深谷ねぎ』という本があるが、著者は石原政雄氏という中瀬市場を開設したり村会議員や農協理事を長く務めた方で、郷土史にも造詣の深い方らしい。
 ネギの由来は、明治初期に旧大塚村の針谷藤太郎氏が千葉県から種子を導入して生産したのに始まるという説と、旧新戒村の木村長五郎の妻が上州高林の実家からネギ苗を貰ってきて生産したのに始まるという二説が書かれているが、明治8年当時の蔬菜生産品種は『武蔵国郡村史』にてゴボウ、大根、芋、青菜の4種だったと記されており、ネギは代表品目には挙げられていない。
 商品としてのネギ生産は明治の末で、各自の努力で販路は広げられたが、大正に入っては東京の消費者が剥きネギを歓迎する様になり、農家は東京近在へ土ネギを届け人に頼んで剥いて販売する様になった。
 しかし依頼を受けた人達が次第にネギ商人となり、生産者を買い叩く様になったは世の常か?
 時代とともに生産出荷は変遷したが、中でも『深谷ネギ』のブランド確立には海産物問屋だった『永徳屋・安部彦平氏』が東北地方や北海道方面の取引先へ販売し好評を博したのが要因の一つとされるとの事だが、驚いたのは上武生産市場の茂木社長がそれを知っていた事だ。
 根拠もなく深谷ネギは大正以降だと考えていたがその通りとはHummだが、他にも興味深い事柄が記載されている。

■2019年03月21日(木)  移動の春
  宴席は 全て平らげ 春深む
 昨夜は、平成27年度以降の自治会連合会理事OB会を開催してニコヤカなひと時を過ごしたが、毎回ながら関係の深かった協働推進・寺田部長にも参加を頂き雑用をさせてしまったのは恐縮至極da。
 会場は石川市議の経営する『きんとう旅館』だが、飲み放題の5千円で存分に満足満腹。
 なお昨日付で市の人事異動も発表になっており、部長級の定年退職者は秘書室の澤出室長ただ一人で、八基公民館長に転職するらしいが、現任の大谷館長は消防長上がりでキビキビした動きが見事であり卒業を惜しむ声も多いけれど、生真面目な澤出氏には闊達な運営を期待したい。

■2019年03月20日(水)  土入り
grp0320090637.png 660×996 1314K  下萌えの 力強さよ 風強し
 昨日一昨日とで青淵公園北端の植栽帯へ赤土が入った。
 草の時期を迎えるにあたり担当部局へ要望して来たもので、植栽帯の縁を乗用草刈機で刈るのに不便な段差を解消するためだが、今シーズンはこのまま草刈りを進め、その後に防草シートも考慮しようかと思うが役員での協議が肝要。
 さてと、昨日は『八基地区・地域づくりについて話し合う協議体』というのが開催され、ふっかつ体操などの説明が行われたが、『助け合い体験ゲーム』というのもさせられた。
 これは実に下らないゲームで、自分で現在困っている事(例えば買い物)等が書かれたカードを選び、他の人に補助を依頼できるかどうかを確認するモノだが、誰にでも公平無私なサービスを提供できる筈もなく愚の骨頂だ。
 どんな『地域づくり』をしたいのか判らないが、限りなく期待は薄い。

■2019年03月19日(火)   怠け者は見ている
  朝餉より 朝寝を好む 怠け者
 チャリンコのペダル漕ぎも慣れて来たが、疲れも溜まって来たかna。
 連日20〜30分漕いでるが何時まで続くか自信は無い。けども〜折角再開できたのだから出来るだけ粘ってみよう。
 昨夜は高校の同級生で構成する『八会』で、普段は食べない『締め』を食べてしまった。
 青淵公園を綺麗にする会の役員会を開くに当たり、店を使わず公園事務所でやる為にネギトロや鉄火巻きのボリュームを確認する為だったが、『過ぎたるは及ばざるに如かず』を体感した。
 ところで、JOCも漸く会長交代を迎えるそうで何よりだが、武田会長がフランスから訴追されたら日本政府はどう対応するんだろう? 聞くだに如何わしい場所へ信じられない大金を送付して『知らぬ顔』は通用しないだろう。

■2019年03月18日(月)  不安
IMG_5754.jpg 2304×1728 1058K  安全も 安心なども 不安なり
 『近未来の南海トラフ(西は九州から東は駿河湾に至る)にほぼ確実に大地震が発生する』と言われて久しいが、果たして対策やらは取られているのだろうか? 
 そんな報道はどこも見えないので不安は募るばかりだが?
 今日の毎日新聞に書かれているように、せめてトラフ区域内の原発は操業を停止するとか、如何なる状態でも電源の確保が為されているようにすべきだが果たしてどうだろう?
 いつ起きるか判らない地震ではあるが、可能な限りの対策をしておかなければ只のバカで、そんな可能性が大きくはないか?

■2019年03月17日(日)  お宝来訪
IMG_20190316_155635.jpg 3264×1840 2407K  掃除せぬ 車は事故を 誘発し
 昨日、珠算教室のために公民館へ出掛けると、渋く光る佐世保ナンバーの日産グロリアが停められていた。
 よ〜く見た人が「エアコン付きで電動ウインドウ〜ですね」と言ってたが、磨き上げられた年代物da。
 それとなく館内を目で探すと、私よりもやや年輩に見える御夫妻が居られたので「表のグロリアでお越しになられたですか?」「ハイそうです」「凄いですね!良く磨かれていて!」と交す、品の良いお二人だった。
 話している内に、花園地域へ越して来られた方で車検を取るのにナンバー交換をしなければならないのか疑問を持っておられたので、友人のプロへ電話したら「納税証明さえあれば何処でもOK」との事で「そうですか有り難う御座います」となった。
 1982年に270万円で購入され、35万キロ走破してもキレイなままというのは余程丁寧に乗ってこられたのだろう。目の保養になった。

■2019年03月16日(土)  彼岸目前
IMG_5751.jpg 2304×1728 1030K  春彼岸 待たず旅発つ 友の在り
 旧来の知友で、深谷市の部長職を歴任した後に八基公民館長へ就任した直後、重病に倒れた山口清氏が逝去された。
 4年有余の闘病は凄まじいもので、当人の苦痛は察するに余り有るがご内儀の奮闘あってこその闘病生活であったろう。
 手術直後と違って安らかな顔で旅立ったのはご家族もホッとされていたけれど、私より2歳も若い旅立ちは惜しまれる。 合掌
 ところで、昨日付の埼玉新聞に議会と市長の食い違いが掲載されていたが、長年行政との馴れ合い議会を継承して来た議長には新任の市長が馴染めないのだろう。
 上尾といえば、市長・議長ともに汚職で逮捕されて仕切り直しをして登場した新人市長だから、旧態に依らず新風を吹き込んで欲しいものだ。

■2019年03月15日(金)   反省会
IMG_20190314_200807.jpg 3264×1840 1828K  イベントは 手間暇金と 掛かりをり  
 昨夜は『渋沢栄一翁生誕祭・反省会』を実行委員23名中の17名自腹参加で開催し、会計報告や今後の取り組みについて協議した。
 「誕生祝いであるから命日を偲ぶ煮ぼうと会とは明確な相違を示した方がいい」とか「お祝いだから煮ぼうとでは無くケーキでも良いじゃ無いか」と云う意見は出ても、それではどうするという方向は出ず仕舞いで、アイデアの模索は続く。
 現行の講演会を中心にした設定も、来年の講師に頭を悩ます状態はご同様で、マンネリ化させない為の知恵比べになるかna?
 なお、直前に熊谷のケーブルテレビJ.comで取り上げて貰ったけれども、それによる申し込みはゼロで今後の向き合い方は考えよう。

■2019年03月14日(木)   積もり積もる
IMG_5749.jpg 1600×1200 700K  4選だ? 寝言は寝て言え アホ二階
 八基農地管理組合で排水路の浚渫を企図しているが、コレは北部排水路の流末で飯野製作所の西になる。
 この手前の農地480mに及ぶ区間は、柵渠設置以来ただの一度も掘削されておらず土砂は積もるばかりで、今回の企画は時宜を得たものかと思う。
 掘削しようとしている農地部分の公図を見たら、管理道路は未買収の場所も残っており厄介さを増幅しているが、何とか関係する地権者の了解を得て新年度早々に実施しなければならない。
 ところで、自分党二階幹事長様は自己保身の為にだろうアンポン4選を言い出したが、そろそろ末期だろう。
 小池都知事を押そうとしたり、細野豪志なども引き入れ波紋を広げるのは醜悪でしか無い。

■2019年03月13日(水)   馬鹿増えて
IMG_5742.jpg 2304×1728 1215K  逃げ足は 人並み以上 偉いさん
 馬鹿が世を持つとは言うが、馬鹿すぎるのはdo〜かと思う。
 渋沢栄一記念館の駐車場、中央部に真新しいゴムタイヤの跡が残されており、ヤラレタばかりdaがコレだけ跡が残るのは相当な音が響いただろう。
 陽気が良くなってコレ以上お馬鹿の露出が増えない事を願うのみda。
 ところで、東日本大震災に於ける東京電力執行部が強制起訴されて無罪放免を願っているが、恥晒しも限りなく無様ではないか? 原子炉付近に近寄れない被災者の為にも「私が悪う御座いました」と言ってみたらどうだ! 逃げ回ってばかりで情けない! 
 津波が予測出来た出来ないの問題じゃ無く、『如何なる状況でも電源確保』さえ出来てればここまでの被害は起きなかったもので責任は重大だ。

■2019年03月12日(火)   熱し易く
  ペダル踏み 三日坊主の 二倍だゼ
 自宅でテレビを見ながらチャリンコのペダル踏みを始めて6日経ったが、いつまで持つか???
 最初は5分くらいで、ようやく15分くらいにしているが、負荷の掛け方でも大きく変わるので軽め軽めの調整をしている。
 チャリンコ用のパンツを履くけど、股間が悲鳴を上げそうになっておっかなビックリでもあるが、やってれば何処と無く調子が良いので、これを機会に生まれ変わってみたいne〜。
 ところで、昨日は8年目の3月11日でテレビはコレでもかと番組を組んでいたけれども、悪夢の民主党政権を振り返る局はあったろうか?
 菅直人と枝野幸男と云う名は『炉心溶融』をもたらした最悪のコンビだった事を忘れてはならないが、マスコミは早くも忘れようとしているのではないか?
 犠牲になった数多の御霊に心からの弔意を奉呈し、合掌。

■2019年03月11日(月)   残念
IMG_5738.jpg 2304×1728 860K  曇天の 公園人を 集めをり
 青淵公園は曇りの日曜日も結構親子連れが多かったが、有り難いことにトイレは比較的綺麗だった。
 トイレ掃除当番だった昨日、早めに掃除をしようと思ったが書道教室を終えての参戦となり、駐車場に車が多く???だったが、思いのほか状況は良かった。
 通常の3月は屋外水道も凍結の危惧があるので使用は差し止めだが、今年は暖冬の影響か早めに解放されていて使えたけども、市の担当者が丁寧に見回っている成果と感じる。 
 ところで、大阪異心はトリクル選挙という妙手を打ち自分党の反撃を受ける処だったが、候補予定者の辞退で反撃は成らずに集結するだろう。
 白羽の矢を受けた御本人は、アホどものドタバタ劇に惑わされるのが嫌だったに違いないが、こればかりは残念だ。

■2019年03月10日(日)   思うに任せず
  惣菜を ドスンと作り 食べ切れず 
 深谷市内・高崎線以北の小学校へ2月早々に青淵塾への入塾案内を2.200枚依頼したが、殆ど反応無しで書道水曜教室も夢の話に終わりそうだが、公民館の使用料が安いので空予約になっても助かる。
 3月の八基公民館便りで塾の存在を記事にして貰ったが、少子化の中で存在も消されていくのかも知れない。
 ところで、『自治会へ入らないけど寄付金は出しても良い』と言う人へ、「そういう前例が無いから貰えない」と言う自治会役員が居て話が進まずにいるが、前例など作ればいいので呆れて声も出ない。
 組織の運営はどんな風にでも金は掛かるので負担参加は大歓迎すべきだが、お金持ちの考え方は理解不no〜。

■2019年03月09日(土)  移ろいの季節
  寒さにも 別れ告げしや 今朝の霜 
 人の真似をして『イチゴ酢』を作ったが、甘味を使わなかった為に酸っぱ過ぎるのと、大量に作り過ぎたためイチゴは食べ切らず破棄する羽目になった。
 買い置きの蜂蜜を入れて飲み易くはなったが、今度は糖分も不安になる始末。けどま〜、大量には飲まないから大丈夫かna〜。
 ところで今般サポートした農地売買は、売主は東京近郊で農業を営む方で、相当前に所有する農地の一部が公共事業に掛かり、代替えで不動産屋に薦められたモノだったとの事。
 当初は『独活』を栽培し好成績を上げていたが、歳とともに腰も重くなり友人に耕作を託して来たけども、相続とともに友人に買い取りを依頼したモノだった。
 またそれとは逆に、近在では農家が大規模化して借地を漁っている現実も起きているが、何処でも良い訳では無いので悩ましい。

■2019年03月08日(金)   選挙近づく
  安倍コウベ 法制審議 ポチにして
 統一地方選の春で、県議選挙を先に2週間遅れで市議会議員選挙が行われるが、県議では加藤博康氏のリターンマッチにどれだけ票を集めるかが注目される。
 小川県議の激ヤセと腹部膨張には病気ではないか?で、宴会での禁酒令も出されているらしい。
 また神尾県議も世間では不評であり、行き先に困って江原県議に票が集結するだろうとの噂さも高いが果たしてどうだろう。
 市議選に於いては、倉上由郎・吉田幸太郎・新井清各市議の引退が表明されているが、新人以上に返り咲きを狙う人たちも多く混沌としている。
 幸福実現党の候補も出るやに聞くが、日本で初めての実現党当選者を生むのか見ものでもある。
 何れにしても各馬一斉にムチの入っている頃で、多忙な日々をお過ごしだろうが、議員の職責は『行政のチェックと政策提言』にあるのを肝に銘じ、『只の良い人』だけに甘んじた視察と称する慰安旅行者に堕ちぬよう切望したい。

■2019年03月07日(木)   遠い夢
IMG_5731.jpg 2304×1728 1046K  10億の 鐘を鳴らして 出所だぜ
 ロボット除草機の発売が記事になってるが、今後はこういった機具が大いに望まれるだろうけど、写真では丈の高い草も刈れるのか判断がつかない。
 青淵公園や高島・避難地の草刈りなどは『山羊』を活用できれば面白いと思っていたが、結構安くはないので難問だ。
 ところで、ゴーン氏はさあすが大物で10億円もの保釈金とは恐れ入るが、世界が見つめるゴーン劇場の本格的な幕開けとなった。
 しか〜し考えてみれば、日本の裁判所が逮捕・勾留してきた人物を滅多な事で無罪放免する筈もないので、司法改革は遠い夢の話だne?

■2019年03月06日(水)   虫出でる
  啓蟄や カルロス・ゴーン 保釈され
  物価高 喜び居るは 黒田かな
 昨夜は『八基農地管理組合』の役員会を開き、今期決算に至る概要を説明して新年度総会日程まで決定した。
 有能な事務局のお陰でつつがなく進展しているが、血洗島の北を流れる『北部排水路』に於いて、普段掘削をしてない下流部分を機械掘削する旨は確認したので、大至急処理方法の検討をしなければならない。
 ところで、カルロス・ゴーン被告の扱いは世界の耳目を集めているが、東京地裁がようやく保釈決定をした。
 無罪請負人といわれる弘中惇一郎弁護士は「無罪」と言い切ってるらしいので、これを契機に日本の司法の在り方へも大きなメスが入れば尾も白くなる。

■2019年03月05日(火)   気は揉めて
  緑でも 安全ばかり 無いらしい 
  携帯の 値下げさせるは 閣議だと  
 昨日は、雨の夕刻に市がセージの刈り取った枝を引き揚げてくれていたが、時間切れで半分以上残ってしまった。
 今朝は上手い具合に大風とならず済んでおり、今頃は片付けが終わっただろうか? 何かと気が揉める。
 ところで、大阪の方では『維新の残党』が市長と知事の同日選を画策しているらしいが、政治の私物化も甚だしいのではないか? 大阪都構想は魅力がないから否決されたのに、未練がましいとはこの事だろう。
 また、緑のオバサンは築地への公約をひっくり返して素知らぬ振りだが、基本理念の薄い人は羨ましい限りで、こういう人物が跋扈している限り安定した発展は望めない。

■2019年03月04日(月)   幸
  降らば降る 程々欲しき 雨なれど
 友人が系図を石碑に刻み墓地へ建立するので、その添え書きの手助けをさせられる事になった。
 「誰か歴史に明るい人は居ないだろうか?」という話から始まって、書付を見てみると、史的な事をそれほど並べる必要も無いと感じたので、「親父さんとお袋さんを見送る事が出来て,妻子や孫にも恵まれて誠に有難い」というような事を書き込めれば良いんじゃないの?」と言ったところ、「そんな方向で纏めてくれよ」てな事になってしまったものda。
 そういうものを立てる気になるのは幸せなのだろう。

■2019年03月03日(日)  公園作業開幕
grp0303110613.png 668×985 1471K  雨早し 急かされながら 作業終え 
 今日は青淵公園を綺麗にする会の定例作業第一回で、予報より雨は早かったがハナミズキ下のチェリーセージは刈り取りを済ます事が出来た。
 刈り枝を袋に収めたり集めたりしたが今後吹くだろう風が問題で、大風にならない事を祈るばかりda。
 また、池に浮かべてイルミネーションを飾りつけた舟も所有者に返却して大事業は終結したが、多彩な人たちのお陰で成り立っている事に改めて感謝しなければならない。
 スタートは僅か10名での作業開始だが、徐々に増えて欲しいものダne〜。

■2019年03月02日(土)   不審の二乗
  永遠に 蔵から出れぬ ひいなをり
 昨日の午後、我が家の裏へ小型乗用車が停まっていて中に若い男が乗っていた。
 道路は雨水で洗われ通行不能状態で、通り抜けなどは不可能。人家からも離れており不審以外の何物でも無いので「こんな所で何をしているのか?不審でしか無いゾ」と言ったら「電話してました」だと。???
 人相風体は不審じゃなかったけど、写真を撮って駐在さんに報告をしておくんだったかna。
 また、今朝は中学の資源ゴミ回収が行われ、それを報せる屋外放送がアチコチの自治会で流されたが、近くで男性がキチンと放送していた途中に少し離れた所で女性の声が流れ始めた。
 女性が不慣れなために割り込み放送になってしまった風にも聞こえたが、承知で割り込んだのなら呆れた話となり、旦那の顔が見てみたくなるne〜。

■2019年03月01日(金)   ネズミも出ず
IMG_5720.jpg 1600×1200 515K  恋猫の まだまだ喘ぐ 弥生かな
 豊里幼稚園の解体が進んだが、更地になれば購入希望者は出るだろう。
 気を付けねばならないのは出水時で、以前ここは清水川が溢れ床下浸水を受けたこともあるから盛り土を充分にする必要がある。がしかし、盛り過ぎれば隣接農地に迷惑を掛けるので要注意。
 中瀬小学校の体育館はアスベスト資材が多用されていた為に解体コストもアップしたろうが、ここは違うので解体せずに低価格のまま入札に付せば良かったような気もするが?どうだろう。
 何れにせよ、老朽化の進む公共施設の在りようは難題だ。
 ところで、大魔王と疫病神の再戦は大魔王が妥協せずに過ぎ目出度いが、北鮮の疫病神は思惑が外れて今後は譲れぬ妥協を迫られるだろうし、結果としてトランプ大魔王の勝ちかne?

過去ログ 2012年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2019年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月