日記

■2017年01月31日(火)   処置困難
  迷惑は 勝手気儘な 自治会員 
 昨夜は『八基・豊里災害対策促進協議会』の懇親会に、相談役という肩書きで参加した。
 協議会の面々は自治会長で構成しており、春日部の巨大地下ダムを視察に行って来たようだが、昨年度は私が副会長だったのでこういう視察を望まなかった。というのも、深谷市周辺においてこのようなモノを観たからといって何の参考になるのか首を捻るばかりで、時間と金の浪費に過ぎないと思うからだが、人が入れ替われば当然その人たちの自由であるから兎や角言うつもりもない。
 会の途中からも『澁澤榮一翁の生誕祭』への参加を呼びかけて頂いたが、一の締めを指名されたので敢えて繰り返し参加の要請をさせて戴いたので、相当数の参加を期待できるかと思う。
 この会合で隣席となった某自治会長氏の話で「回覧板が滞ってしまう家があってどうしようもなく困ってます。うかうかすると10日も経ってしまうんですよ。」と仰って居られたが、それは確かに処置に困るだろうna。

■2017年01月30日(月)   諭吉さ〜ん!
  脳無くも 居座り居るや 無神経
 身辺で逝去される方が驚くほど多く、対応にドタバタしつつその間にお招きを受けない慶事も有り、我が福沢諭吉翁は超多忙になって居着いてくれないが、これが『生きる』という事でもある。
 今日は四月並みの暖かさとなるようで極めて有難いが、この後はまた平年の寒さに戻るというので風邪を引かないように気を付けなければda。
 ところで、昨今の日本銀行の動きは悪質で国家も大風邪を引きそうだが、識者の異見を握りつぶして『円安・株高』に介入する姿勢は破綻目前を招いている。
 年金の運用も粗悪で欠損の際立つ状況を年々生んでいるが、他人の金で誰も責任を取らないからこんなザマで、見ている側としては歯がゆい限りだ。
 このような状況でのアンポンタン総理の国会強弁を聞いていると呆れ返るばかりで、野党の追及の不甲斐なさはお話にならないが、国会にも福沢先生の再来を望むようだ。

■2017年01月29日(日)   身に沁みて
  独り身や ジワリと沁みる 隙間風
 昨日から新たに青淵公園を綺麗にする会への参加を呼びかけ、2名の入会を確認できた。近隣に住む市の職員は流石に地域貢献への意欲も高く、もっと早く声がけをすべきだったと悔やまれる。
 昨夜遅くには英語教室再開に向けた講師との面談を行う筈だったが、まる一日すれ違いが起きてしまい arema〜〜。 メールのやり取りで日付確認に勘違いが起きたもので、今日は眠い朝だ。
 ところで、深谷市における『ふるさと納税』は県内2位となったそうであり、これは目出度い。返礼品で人気の高いモノに『マルコーフーズのとろろ三昧』がなっているそうだが、健康嗜好のなか調理が面倒な方向けに『擦り下ろし味付き』は簡単便利でなおも『冷凍で賞味期限の長さ』が受けているようで、独り暮らしで調理は誠に面倒なのは身に沁みて理解できる。

■2017年01月28日(土)   春早く
  作付けを 思案するかな 春隣り 
  大寒の 真っ只中も 花便り 
 昨夜は『青淵公園を綺麗にする会』の幹部会で今後に対する懇談を行った。
 会員の高齢化に伴う参加者の減少は重篤な問題で会の存続を左右する事柄だが、市当局は左程感じてはいないだろう。他のボランティアの見本となるよう頑張ってきた積りでもあるが、久保田会長の貢献は余りにも多大であった事を痛感する。
 ところで、農業新聞による一ヶ月予報では概ね晴れの日が多く、2月下旬は平均より気温が低いらしいが、桜前線の発端である沖縄では早咲きを記録しており今年の春は早い事を告げている。
 3月には公園に於ける定例作業の開始となるが、新人の発掘に向けた会の魅力の増強にも尽力しなければならない。

■2017年01月27日(金)   うっかりとシッカリ
  白菜も 高値の花と なりにけり 
 今朝も防災無線での屋外放送が行われており、声の質も大きさも良いけど残念な点が一つある。言葉尻に締まりが無いので言いっ放しになり、デレっと放送に聞こえてしまう点だ。声が重ならないよう間を取りながら話す為になり易いが、間を取る事と言葉尻を区切るのとは訳が違う。
 以前からそうなので、本人は気付かないのだから適切な指導員は居ないのだろうか? 細かい事だが、市の前面に立つ部署ではそういう気配りは必要だと思う。
 ところで、トランプ大魔王は大統領令を使い矢継ぎ早に存在をアピールしているが笑止千万で、メキシコとの国境に壁を作って関税を引き上げるとか言ってるが、結局自分の首を絞める事に気付かないのかネ?自国の就業率の引き上げも良いが、安い商品を他国で作り国内の消費者へ安く販売する事を潰して行けば米国は繁栄出来ると思っているのか?
 また日本のアンポンが、大魔王に脅される前に二国間協定を先んじて表明しているのは、協議を突きつけられて従属する惨めさの軽減を図ろうとするものにしか見えないが、シッカリしろyo。

■2017年01月26日(木)   不能?無能?
  友の母 見送りながら 名前知り
  寒かれど 降霜無くて 昨日今日
 『八会』という高校からの同級生10名の会で、昨秋より昨日までに我が家も含め3人の母が逝去されたが、50年に及ぶ付き合いの中でも葬儀で始めてお名前を知り〜は、迂闊すぎたろうか?
 この冬一番という寒さを受けるも昨日今日は降霜すら受けておらず、全国で報じられる豪雪被害にも比べ何と恵まれた事かラッキーの一言だが、被害を受けている方々はお気の毒だ。
 ところで『南京大虐殺』という言葉が独り歩きして、中国は少なくも30万人と言い、日本側のある人たちは「インチキ話」だと言い募っているが、客観的な事実認識というのは出来ないものなのか。信頼できるメンバーによる『近代史の検証』は是非とも必要な事だと思うが、不能か?

2017年01月25日(水) 
  厳冬も 梅の便りの 始まりぬ
 昨夜は、珠算教室終了後に『渋沢栄一翁生誕祭』の実行委員会を開催した。
 委員長のせいか委員の集まりは悪く、半数しか集まらなかったが会議は進行させ予定の調整は済ませたが、中で小島市長の連携により坂戸市長もお出で下さるとの事で、王子ホールディングス広報部・飯塚氏のご講演に花を添えて戴ける事ともなったのは有難い。
 また『吉岡流』にて、ご来賓には軒並み3分程度の祝辞を戴く事とし、『ご紹介のみ』の方々へもマイクを回し『自己紹介』をしながら一言づつお話を戴く事としたが、一人でも多くの参加者を集めるよう声がけに励まねばならない。
 ところで、稀勢の里が横綱となり久方の国産横綱が誕生したのは目出度いが、これで危うさが吹き飛んで『自信に溢れる大横綱』となって欲しいものだ。

■2017年01月24日(火)   目配り
  アカギレは 母から譲り 受けしモノ 
 2月12日に開催する『渋沢栄一翁の生誕祭』へ上田知事から祝電を戴くよう手順を踏んでお願いし、序でに小山川堤防の嵩上げ要望もプッシュしたFAXを知事特別秘書へ送付しておいたら、『祝電はOKで小山川は現在予算編成で検討中です』と回答を戴いた。
 本日、『八基・豊里災害対策促進協議会の役員が熊谷県土整備事務所へ要望に行く』と云う事なので、昨年要望以後の状況を県土整備へ確認して貰ったら『28年度に現地調査済みで、29年度の事業実施は本科の予算配分次第』だそうだから、要望提起をした人間としては目が離せずに居る。
 ところで、トランプ大統領はより風力を増してメディアと対立を深めているが、何か破滅への近道を突き進んでいるような気を持つのは一人私だけであろうか? 親族を組み入れてなお他の閣僚の顔ぶれも物騒なメンバーを並べているし・・・ま どうでも好い事だけど。

■2017年01月23日(月)   非常識!
  目出度さも 不埒者には 鼻つまむ   
 昨夜は血洗島自治会の『次年度役員』を決める会議が行われ、新自治会長・笠原康生、副会長・笠原明、会計・福島泰男各氏と決定し、その他諸々の役員も比較的速やかに決定した。
 直後に行われた生活改善組合(下水管理)の会合では、昨年再生された規約に異議を唱える当事者が居り、全体で協議を重ねても結論は出そうに無いので延長戦を提案して流会となった。
 当事者の言い分は常識で通ら無いと考えるが、組合規約を遵守しない空白の期間を作ってしまったのは歴代役員の怠慢で、それに異議を唱える私が憎まれ役を背負わざるを得ないか?
 ところで、会議終了後に夕飯を食べに寄った店には一昨日の挙式へ招ばれたメンバーも数人おり、口々にある人物の悪口を重ねていたがその常軌を逸した言動には同感だった。
 祝宴の中では自席に戻らず殆ど別の席へ行ったきりで、お開きになってから帰るバスの中では「まずマジイ料理だったな!あんなもん食えねえヨ」と言った後もブツブツ言いながら急にリクライニングシートを後ろへ倒した。
 倒された所には私の短い足があり、短くても押されて痛い目に遭わされ「痛えなこの野郎!」と二三回背中を突いたが知らぬ顔で寝たふりをしていた。
 目出度い式の後だからそれ以上のことは避けたが、周囲のことを考えない身勝手な不埒者はその内に天罰が下るだろう。

■2017年01月22日(日)   頑張れ!
  晴れの日の 翌日もまた 晴れるかな   
 昨日は、青淵塾の珠算教室で無料奉仕を頂いている設楽久氏・二男の結婚式にお招き戴いたが、自分が新郎でもないのに新しい下着に下痢減量で着可できた紺のダブルを着込んで出陣した。
 結婚式は久方振りであり、なお近所の知友の息子となれば余計に嬉しさも募り、高崎市への往復もさしたる難では無かった。
 新郎・新婦は警察官であり同僚先輩の紹介でお付き合いが始まったと紹介され、仲人無しで手順よく宴は進行されたが、主賓としての伊勢崎警察署長、大泉警察署長、お二方ともに極めて洗練されたスピーチだった。新郎の父からは事前に「警察官の祝宴は酷く賑やかになるらしいです」と言われていたので、どんなハレンチが飛び出すかと思っていたがこれも平穏に過ぎて、結びの両家代表謝辞で新郎父の大いに緊張した様子が微笑ましかった。
 出席していた人たちは概ね警察関係の人が多かったと思うが、トイレ等で擦り替わる時のさりげない身のこなしなどは流石と思わせる人が多く、日本の治安維持も先ずは安心かと感じたが、新郎新婦には少子化に歯止めをかける位に頑張って欲しいと強く願う。

■2017年01月21日(土)   空っ風
  日米の 空洞進む 政治かな
 昨日は市議会OB会の新年会に参加したが、午後3時30分からというのは中途半端すぎる時間で、体調も自信がないのでノンアルコールにした。
 アルコールを飲まないのは自由時間が増え極めて有意義だが、無駄金を使う事にも直結し、文集や週刊金曜日まで買いに行ってしまった。
 それは兎も角、参加者の中で最高齢者は田島一雄氏(89歳)だが、この方は参加者の中で一番お元気に見え何時も背筋をシャンとしておられるので凄い。小島市長へ市政について質問もされておられたが、私は答弁の経過が見えてしまうので敢えて聞こうとはしなかった。聞きたい事は季節風による砂埃問題や少子化に対する対応で、答弁は聞くまでも無いからだ。
 ところで、昨夜から特に強い北風とトランプ旋風が吹き荒れているが、どちらも日本全体にとって好い風にはならないだろう。日本には対応できる政治家が居ないからだが・・・

■2017年01月20日(金)   凸凹
  究むれば 緩んでみるか 寒暖計
 着られなかったスーツやブレザーが下痢のお陰で何着か復権したが、何時またお蔵入りするか予断は許さない。中にお気に入りもあったがボタンが取れて『どうせ着られないから』とほっておいたモノが着られるようになり、旧知の婦人服専門の職人さんにボタン付けをお願いに行った。
 この方は深谷のアパレル産業隆盛期を支えた一人で、ズボンの裾上げや細々した仕事も嫌がらずにやって貰えるし、序でに簡単なプレスも掛けて貰えるので『持つべきモノは友人😊』。
 ところで文部科学省の天下り事件が発覚し、次官の辞任やら大変な騒動となっているが、狡猾で金も人事もという『権限』を握っているから根幹は変わる事無く引き継がれて行くだろう。 
 少し前に、上田知事の上田事務所長と話したが「埼玉県では定年後5年間は天下りを禁止しています」と仰っていた。「そういう事はもっと大きな声でアピールしたらどうなんですか?」と言うと「そうしたいのは山々ですが、近隣の手前埼玉だけ良い子になって居る訳に行かないんですよ」と話しておられたが、五輪や豊洲の建築疑惑は官僚様の天下りを突いてみれば面白い結果が出るに違いない。

■2017年01月19日(木)   寂寥。
  また一つ 消えてゆくやら 甘き夢
 近所の家で解体工事が始まっている。
 かの昔『栄寿堂支店』という名で菓子の製造販売を行って来て、子供の頃は甘い匂いの立ち込める仕事場や店は垂涎の的だったが、跡取りのご子息も他地区で暮らして戻る気配は無く、先頃からは空き家調査の対象となっていた家だ。
 この家は元来が借地であったために取り壊して地主に返却される筈だが、この家に隣接する道路は北阿賀野自治会から県道・中瀬普済寺線に出る道路で、この家が有ったがために県道接続部分が拡幅出来ずにいたモノだがこれでこの道路も拡幅整備が出来るだろう。
 だんだんと思い出多きモノが変遷を遂げていくのは寂しい気もするが、より住み易くなっていくのは結構な事だ。

■2017年01月18日(水)   心配り
  爪の垢 送るほどには 溜まりゃせぬ
 昨日は殆ど家に居り、夕方の珠算教室へ生徒迎へに出てから店へ寄ってブログを書き、早く帰っていたら幽霊のような「今晩は」という声がしたので「はい」と出てみたら宅配便だった。
 遠くへ嫁いだ同級生から御霊前としてお線香を送って頂いたもので、アンレマ〜と早速お礼の電話を申し上げたが、何年経っても人の声というのは余り変わらず懐かしいひと時だった。
 配慮も行き届いており、「父の葬儀でお世話になったお礼だから決してお返しはしないように」と釘を刺されると手も足も出ないが、ハガキぐらいは出させて頂こう。
 ところで、米国の大魔王は凄まじい身びいき振りを発揮しているが、こういう方の爪の垢でも煎じて飲むように送ってやろうか。

■2017年01月17日(火)   要注意!
  我が腹の 黒さにビビる 寒の朝  
 今朝は早暁から下〜痢〜喰〜✋〜が酷く、真っ黒であろう我が腹の産物は全て出てしまったに相違ない。大げさに言えばトイレットペーパーを三分の一ほども費消する程で、思い出して正露丸を飲んで暫くして落ち着いたが、昼過ぎに味噌汁を一杯とブリ大根の作り置きを少し食べただけだから今夜はノンアルコールデイにしよう。
 ところで、昨日午後は市の職員に来てもらって道路改良予定現場で打ち合わせをしたが、風の強い中で風邪も余計に酷くなったかも知れない。
 昨年度自治会長時に要望を出しておいた物件に調査費がついて事業が進展しようという運びとなったと云う事で関係者から相談が有り、予定図面を見せられて驚き担当職員へ連絡を取ったものだが、地権者の一人が相変わらず「道路側溝を入れて欲しい」と言うので、市は言う通りにしようとしていた。流末のない排水路を無理に作ろうとするのだから、無理は六里だ。
 結局無茶な計画は修正する運びとなったが、市の親切は程々にしなければトンデモナイ惨事を生む恐れが在る。

■2017年01月16日(月)   空振り歓迎
IMG_3799.jpg 4608×3456 2034K  備えれば 決して来ない 大地震
 昨夜で幕を閉じた青淵公園のイルミネーションは、早速今朝から片付けが始まっている筈だが私は再び鼻水が酷くなったので敵前逃亡した。
 『深谷で一番』と喧伝されてきたが、今年度も久保田会長がアチコチ寄付を募り設備増強に努めてきた結果でとても真似は出来ない。
 また昨日、ホームセンターで小さくても火力の強いガスコンロを買った。大地震に備えるためだが、飲料水とともに家が倒壊しても取り出せる所へ置いておこう。私が準備をすれば地震も空振りに終わるだろうから?
 ところで、市では非常用備蓄食料の保全は適時入れ替えが行われているだろうか? 多少の期限切れは問題無いと思うが気にする人は気にするし、量的な備えはどうなんだろう?

■2017年01月15日(日)   疑念ばかり?
  OB会 病気自慢も 元気よく
  鼻水の 止まらぬ朝よ 小正月
 本来なら今日は『成人式』の筈だが、粉雪舞い散る小正月となった。
 昨夜は、拓殖大学OBで深谷周辺に居住するメンバーで構成する『県北拓友会』を開催し、14名の参加を見たが近年にしては多めの人数だった。一人づつ近況報告もして頂いたが、以前は『今年の抱負』を話していたモノが大いに変遷したのを実感する。
 ところで、年末・年始の総選挙は霧消したが『3月解散4月総選挙』の予測が飛び出して来た。併せ南海沖大地震や富士山噴火も取り沙汰されながら、豊洲の有害物質も異常数値を計上しているが、豊洲は小池知事就任の8月以後に極端な数値の増大が見られるモノで、小池以前の発表数値に疑念を抱かざるを得ず、統括して来た人物へ疑義を問うべきだ。

■2017年01月14日(土)   一所にするなヨ!
IMG_3792.jpg 4608×3456 3262K  バラマキに またも行きしか マリオ君
 座ってる時間が長くなると寿命が短くなるとは以前から言われているが、具体的に調査した事例を掲げて警鐘が鳴らされている。け〜ど、分かっちゃ居るけどナカナカ止められね〜のも事実で、今年の努力目標にしよう。
 また、昨日は榮一翁の生誕祭参加案内書を配布に回ってみたが、結果はどうなる事だろう?
 ところで、今日明日と最強の寒波到来で豪雪注意などと脅されているが、この地域は誠に穏やかで有難い限りでも、有り難くないのはマリオ総理のご外遊に伴う膨大なバラマキ事件で、一体全体幾ら撒いてくれば気が済むのか?能無し野党も追求してみてはどうだろう。
 また、憲法改正に伴って『教育費の全額無料化』を論点に上げそうな動きも有るようだが、教育の無料化は大歓迎でもマリオ君に憲法改正の音頭取りをして欲しくはない。

■2017年01月13日(金)   要注意!
  イチゴにも 珍種のありて いとおかし 
 昨日イチゴを食べたら珍しく不味かった。一昨日お茶菓子代わりに5箱買って、自分用に一箱残したモノを食べてみたものだが『不味〜』。
 近くの直売所で買ったモノで、よ〜く見れば葉が変色しているモノもあり日数が経過したのだろうか。古いのを承知で出荷したか店で古くなったのかは不明だが、残した数粒を持って行き「これは不味かったから今後は気をつけてネ!」と言ったら、店員が「お金をお返ししますよ」と言ってくれた。「いや、今後十分注意してくれれば良いヨ」とカッコつけてしまったが、私は兎も角持って行った先様へはお詫びしなければならないか?
 また暮れにお歳暮を受注して、送付先から「大和芋が入ってない」とクレームが有り再度大和芋だけを再送した。姉が取り扱ったモノだが、一昨年も同じ方からクレームが有り充分留意して送っているので無いはずは無いので、依頼者へ連絡を取り今年から外して貰う事にしたが、モノが入っていないというクレームは初めてであり、お客様も様々居られる事に気付かされた。

■2017年01月12日(木)   オゾマシイ
IMG_3790.jpg 4608×3456 3810K  種を蒔く 無駄に見えしも 種を蒔く  
 昨日午後、青淵公園の最西部に在るトイレの周辺で『犬』を連れた一団の姿が見られ、何やら調教でもして居るかの様な雰囲気だった。それぞれコンパクトな犬舎に入れて手慣れた風に見えたが、個人的には余りお犬様は歓迎出来ない。冬場だからまだ良いが、温かくなれば乳幼児を連れた人たちも来場して走り回る様になるがドウ云フ事になるだろう・・・
 ところでオバマ大統領が最終演説で別離の涙を見せたそうだが、口先ばかり達者な8年間がトランプ大魔王の登壇をさせてしまった訳で、少しは反省したらどうだろう?
 日本も、アンポンタンが長期に渡り君臨して居るのも『民主党愚政への反発』でしかない。

■2017年01月11日(水)   小声❌
  区切り良く 退位も良かれ 水仙花 
 昨日もある市議のご母堂の葬儀へお伺いしたが、司会者の声が小さすぎて心臓に悪い場面が多かった。葬儀の司会というと女性が多く、それでなくても控え目の声が葬儀ではより丁重になるので溜まったものじゃない。
 また新年早々伺った妻沼方面での通夜式で司会をしていたお姉ちゃんの声が、また「聞こえない」でイライラさせられた。
 ついでに書くと三日前、小荷物の集配をする某社の受付嬢が極めて小さな声で応対をしているのに業を煮やして、「聞こえないヨ」と一括して「正月早々こんな小さな声で話してるんじゃない」とも付け足したが、受付は人数が居るらしくこんな小声は初めてだった。ドライバーが直ぐ来たので話したら「そうなんですよ、あの子は注意された人には気をつけてるようですけどネ」だけど、誰も注意をしないのかしらん?
 声のボリューム調整をする場面は必要でも、聞き取れないほどでは困る。真剣に聞けば聞くほど心臓に刺さる思いをさせられるではないか。
 ところで今上陛下が30年間で退位されるようだが、元日とは区切りが良くて結構ではないか。

■2017年01月10日(火)   目からウロコ
  生きている 内に使えぬ 脳多く
 車に詳しい人に聞いて今更ながら「HEeeee」と思ったが、知らなかったのは私ぐらいか?
 車も発進時に最大の負荷が掛かるのは当然だから、『ドライブのD』でなく『LOかもっと低いギヤ』から走り出せば燃費は格段に向上するというモノで、面倒がらずに習慣にすれば良いのかと考えるが、ノークラ車では急坂くらいしかギヤチェンジをしなかったが、これこそ生きている内に使うべき頭で『目から鱗』。
 ところで韓国の慰安婦問題が再燃したが、朴大統領の再登板もお願いしたらどうかいne。

■2017年01月09日(月)   今日行く委員会
  しとど降る 氷雨受けしや 新成人
 昨日は深谷市でも『成人式』が開催されたが、比較的静かに推移したらしい。全国では123万人の新成人誕生だそうだが、しか〜し当日参加した市議にも深谷市の新成人数は伝えられておらず『準備不足か?なんか変?』なままだ。
 深谷も大荒れした頃から『新成人による実行委員会』形式で進めるようになり、市議の紹介も十把一絡げで「市議の皆さんです」という程度だから市議の参加者も減っているようだ。
 折角出てくれるんだから一人づつ呼名ぐらいしてもバチは当たらないんジャナイかne? 
 お客様に対する儀礼は教育委員会そのものの意識を疑われるし、弛んでないかイ?

■2017年01月08日(日)   旅路
  雨雪と 脅されつつの 七七忌 静かに冷ゆる 母の旅路よ
 本日 桂樹院戒月千照大師 という戒名を戴いた母の七七忌法要を行うが、昨日観音教の写経に母の戒名を織り込んで届けて下さった方が居られ、感謝と共に末長く仏壇にお供えしたい。
 昨日は青淵塾の新年冒頭珠算教室だったが、講師である先生のお一人が「3月一杯で辞めたい」と話しておられ、人と人の織りなす物語りは単純明快では無い事を再認識させられる。
 ここで改めて思うのは青淵塾発足の理念で、澁澤榮一翁の『論語と算盤と提唱された言葉を文字通り学べる機会を創る』というものであり、ご協力を戴いてきた関係各位も崇高なボランティア精神の発露で臨んでいただいた。お一人づつのご意見を運営に反映できないのは私自身の無力に起因するものであり、反省しながら次のステージを目指さなければならないと考える。

■2017年01月07日(土)   晴天なり
  七草に 敢えて餅喰う 捻れモン
 早くも今日は7日で『七草粥』を食べる筈の日だが、面倒で作る気にはなれない。
 今朝も寒く日陰の水道管が凍り始めたが、向こう一ヶ月の天気予報は『概ね晴天』であり、当分こんな冷え冷えした日が続くらしい。
 昨日は2月12日に開催する『澁澤榮一翁・生誕祭』について関係者と協議をしたが、従来お呼びかけの出来なかった方々への参加呼びかけを行うこととし、その伝達の確認を行ったけれども、事業の成否は講演次第なので肝心な点が思うに任せないのはジレジレする。次回からこの点を改善できる風に仕向けて行ければ進むべき方向が安定するだろうkana?
 ところで、日本郵便のご当地キャラキャンペーンの効果もあってか、『ふっかちゃん』宛に年賀状が4145通(6日現在)も届いたそうだが凄いものダ。
 ご当地キャラの人気投票ではトップになれないまま引退したが、今後どうして行くのだろう?

■2017年01月06日(金)   目の前と遠い話と
  トランプは ツイッターなど 武器にして
 フォードを脅してメキシコ新工場を断念させた米国の大魔王はトヨタも脅してるが、破れ漫画はどこまで怪進撃を続けるのか尾も白い。トヨタは去年11月に起工式を済ませているので計画変更は大変で、知らぬ顔がやり切れればイイけど成り立ての破れ漫画は黙過しないだろう。
 ところで、耳の弱い方と話をしていたら「大きな声で言われても聞き辛く、低い声でゆっくり話してもらうのがイイですね」と仰っていた。自分も左耳が難聴でほぼ聞き取れない状態だから他人事ではないが、まだまだ人間本来の機能は機械が代行できる状態では無くて、自動運転装置も信頼できるモノになるのは当分先の話だろう。

■2017年01月05日(木)   小寒
  武蔵野に 強風渡り 寒に入る     
 今日は文豪・夏目漱石の150回目になる誕生日だそうだが、中学・高校の頃『我輩は猫である』は別にして『こころ』や『それから』など読んで真剣に悩んだ覚えが有る。今思えば悩むような話じゃないが、オツムの中味は左程に進歩をしていないのを実感する昨今だ。
 昨日はボケ防止に8時間麻雀をやってみて、目は疲れるしタバコの煙を吹きかけられるしでロクなもんじゃなかったが、どこぞの市長・副市長は平日の昼間やってたのが発覚して、新年の初登庁日である昨日は市民有志から『辞めろ』コールを浴びていたけど、もしも近所でそういう首長がいたら麻雀をやる人間としては「辞めろ」とは言い辛いモノがあるかな〜。 マ〜しかし、国を挙げてギャンブルに精を出させる国だから、兎や角言う必要もないだろうけど、ギャンブル依存症の対応策を講じるよりも他にヤルベキ事が有るんじゃゴザン専科ネ〜?

■2017年01月04日(水)   欠伸も伸びも
  大欠伸 して走り行く 自転車に 木枯らしすらも 横を向くかな
 昨日は葬儀と通夜の連続で、その葬儀は1時からかと思いきや2時からでうっかりポカに出会ったが、そのポカの時間に車を走らせたら『大欠伸しながら自転車に乗る御仁』に遭遇した。
 年明け早々のご葬儀は、年内に逝去されて火葬場や諸々の都合で延期を止む無くされたもので、ご家族の方々には大変だった事だろう。
 自転車に乗りながら大欠伸できるのも好天に恵まれた新年の日々のお陰様だが、それも今日までらしく、明日からは厳しいラニーニャの日々が待機しているようだ。
 ところで世界中がトランプ旋風に席巻されているが、アベの坊っちゃまにはナルホドと思わせる外交を期待したいものだ。
 

■2017年01月03日(火)   感謝感激!
  酉年の 雑煮は鳥を 除きをり
 箱根駅伝も見始めるとテレビから目を離せなくなるが、実際に近くで見ると凄いスピードなんだろう。母校・拓大の留学生選手が14番から10人抜きをしたり、区間賞を塗り替えたりする選手がいたりと、ついつい感激もしてしまう。
 感激といえば、大晦日の31日に高校の先輩でもある(株)一心園の山崎社長をお訪ねした際に、『祝 農業大賞』という鉢花や盛り籠が置いてあるので「どうしたんですか?」とお聞きしたら「この間貰ったんだよ」「どんな理由なんですか?」「農業への取り組みかな?」だった。
 以前から不登校の高校生を預かって定時制の高校へ通わせたり、一心園という名の通りに血の通った面倒見の良い農業経営をされてこられた事を評価されたのかと思うが、私の運営するNPO法人へ寄付金まで戴いてしまい恐縮するばかりで、この寄付ももう二度目となり感謝に堪えない。 

■2017年01月02日(月)   夢の強制!
  ゆうるりと 朝寝に浸る 天国か
 元旦のスタートは墓参から始め、水道管に巻いていた断熱材の交換などをしてみたが、ド素人の仕事では上手くは行きっこ無い。
 従来の元旦は神社やお寺へ初詣に行き、血洗島諏訪神社の拝賀式へも出てから家で雑煮を食べるのが常だったが、昨年からダイブ様相は変わってしまったのも止むを得ない。
 また、喪状の不行き届きで年賀状を戴いてしまった方に返礼を作り、郵便局へ行けば大混雑だったが、この混雑も止むを得ない。
 夕方は知人を誘い、回転寿しで夕食を食べた後にカラオケを2時間近く歌いまくって来たが、その所為か今日は風邪気味で喉の具合が変で、このブンじゃ今夜の初夢はいい夢になりそうも無い。
 もっとも近年は寝ながら夢を見ることも殆ど無く、見ても忘れているかも知れ無いので、強制的に都合の良い夢を見ることにしよう。

■2017年01月01日(日)   祝 静謐
  元旦の 穏やかな陽は 空にあり お陰様にて 縁側の母
 母の逝去した今、新年を迎えて一際思い浮かべるのがこの短歌で、懐かしさがこみ上げる。
 ところで大晦日に除夜の鐘を鳴らすのを、夜から昼へ変えたら参詣客が急増した寺が有り、住職は「伝統行事も時代とともに変わらなければならない」と言ってるそうで、要は多くの人に喜んでもらえる事が一番か?
 であるならば、リーダー達は全てに渡り大勢の人が喜べる事象を目指していけば世界が混沌とする慨然は無いが、ひずみをより大きくしてトランプ現象が跋扈する一年となるのか、と勘ぐられるが まずは静かな年明けを喜びたい。
 

過去ログ 2012年04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2013年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2014年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2015年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2016年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2017年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2018年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月